チーム医療で、
患者さまに寄り添った医療を
提供しています。

当院は緩和ケア病棟、障害者施設等一般病棟、地域包括ケア病床を備えています。いずれの病棟でもご自宅で過ごすことを目指した治療・サポートに力を入れており、手厚いリハビリを行っています。さまざまな職種からなるチーム医療で、患者さまに寄り添った医療の提供に努めてまいります。

お知らせ

在宅復帰を目指す

自宅は患者さまにとって最も心安らげる場所。希望される方が安心して在宅復帰ができるよう、病院を挙げて取り組んでいます。

患者さまに寄り添った医療

私たちは患者さまの「全人的苦痛」に寄り添い、可能な限り患者さまの思いに応える医療を提供いたします。

静かな療養環境

当院は大通りから一本奥に入った閑静な住宅街に位置しています。静かで穏やかな環境の中、療養に集中していただけます。

手厚いリハビリ

理学療法士・作業療法士・言語聴覚士が在籍。患者さまとの対話とふれあいを大切に、温かなリハビリが提供できるよう努めてまいります。

院長挨拶

院長ポートレート
桜十字熊本東病院 院長
三浦 正毅

当院は、緩和ケア病棟と地域包括ケア病床を含む障害者施設等一般病棟を持つ病院です。緩和ケア病棟では、リンパ浮腫治療に力を入れており、リンパ浮腫療法士、理学療法士、作業療法士のチーム医療で、複合的治療を施行しており、また外来においても患者さんの日常生活に必要なケアを行っています。障害者施設等一般病棟では、口腔ケアの充実や嚥下体操による誤嚥性肺炎の防止や癒し、座位保持によるADLの向上、歌うことによる脳の活性化を目的とした音楽療法を取り入れています。

地域の急性期病院はもちろんのこと、慢性期の療養型病院や訪問診療、訪問看護などの在宅医療機関、老健などの介護施設とも密な連携を構築し、患者さんの病気や病態に適した医療を提供できるように努力してまいります。

病院は、臨床の場所です。臨床とは、英語では「ベッドサイド」、つまり患者さんのそばで医療を行なうということです。私は大学病院での学びの後、臨床の道を選びました。患者さんを毎日診て、早期発見・早期治療に努める。私がずっと大切にしていることです。特に、回復期・慢性期の患者さんはご高齢の方が多く、基礎疾患をお持ちの方がほとんどですから、こまやかな観察に基づいた管理が必要となってきます。医療に関わる者は、日々アップデートする技術や知識を学び、スキルアップしなくてはなりません。また、医療行為というのは、身体に大きな影響を与える行為です。慎重かつ確実な処置を行うという、医療安全の面も欠かせません。心技体を鍛え、患者さんに安心していただける医療を提供し、地域医療のお役に立てる病院を目指していきたいと思います。