桜十字病院 看護部

教育制度

プリセプターシップ

プリセプターがマンツーマンでサポート。スタッフナース、病棟主任、病棟補佐、みんなで新人を育成します。

プリセプターシップ

プリセプターがマンツーマン指導

プリセプターシップとは、新人看護師一人ひとりにそれぞれ先輩看護師がついて、一定期間マンツーマンの指導を行う教育方法です。新人看護師のリアリティショックを緩和し、安心して仕事に取り組める環境での成長をサポートします。

リアリティショックとは?

現実の場面に出会ったときに感じる、役割葛藤の状態をいいます。3~4年間の基礎教育を終了して、実社会で一人の看護師として働く準備ができたと考えていたのに、実際に職場に出てみたとき、何も分からない、何もできないと感じる現象、特定のショック症状を指します。

プリセプターがマンツーマン指導

病院全体によるサポート体制

プリセプターはキーパーソン、その側面をスタッフナース・主任・補佐がフォローし、その部署の全員で新人看護師を育てます。また、看護本部や病院全体でもバックアップを行います。

病院全体によるサポート体制

教育計画

プリセプターが相談役に付き、日常業務から疾患の学習、精神的フォローを行う

プリセプターは、プリセプティが自立した看護師に成長するよう、優しく、時には厳しく指導を行います。悩んでいることや困ったことがないか常に気を配り、プリセプティの気持ちに寄り添う相談役としてフォローします。

3者面談