障害者施設等一般病棟地域包括ケア病床を含む

担当スタッフ

担当医師
柴田 和哉
●専門:消化器外科 ●経歴: 熊本大学医学部第2外科/荒尾市民病院/八代総合病院/高千穂町国民健康保険病院 院長/杉村病院 院長
病棟責任者/看護師長
木山 千恵
相談員
米谷 凡子

取り組み

  • 口腔ケアに力を入れています。

    対象:経管栄養、絶食、摂食算定患者さま/口腔内を清潔に保って肺炎を予防し、おいしく楽しく安全に食べられるようお手伝いをしています。

  • 音楽療法を行っています。

    長期療養の感化様の楽しみ・癒しを目的として、月に一度開催しています。 目的をもって座ることで座位の保持からADLの向上に取り組む目的や、嚥下体操を行うなどのリハビリにもつながっており、歌を歌うことで脳の活性化にもつながっています。

障害者施設等一般病棟とは

重度の肢体不自由など、重度の障害をお持ちの方が安心して長期入院治療を受けることができる病棟です。スタッフが厚く配されており(看護配置10:1)、医療行為が多く必要な場合に適しています。

対象疾患
重度の肢体不自由者
脊髄損傷等の重度障害者
重度の意識障害
筋ジストロフィー
神経難病等
※脳卒中の後遺症及び認知症を除く
病床数
障害者施設等一般病床 39床
 ※地域包括ケア病床8床を含む

地域包括ケア病床について

急性期医療を終了し、すぐに在宅や施設へ移行するには不安のある患者さまに対し、在宅復帰に向けて医療管理、診療、看護、リハビリを行うことを目的とした病棟です。また、在宅療養中の患者さまに入院が必要となった時、在宅医から依頼を受けて支援いたします。 「在宅復帰支援計画」に基づき、主治医・看護師・専従リハビリテーションスタッフ・MSW(医療ソーシャルワーカー)等が協力して、効率的に患者さまのリハビリや在宅復帰支援(相談・準備)を行っていきます。

対象
在宅あるいは介護施設に復帰予定で、入院治療により症状が改善、安定し、経過観察やリハビリ、在宅での療養準備が必要な方となります。入院期間は状態に応じ調整いたしますが、60日を限度としております。