臨床研究に関する情報の公開について

桜十字病院では、患者さまの健康の保持増進ならびに、傷病からの回復および生活の質の向上に広く貢献し、健康および福祉の発展に寄与するため、「桜十字病院臨床研究審査委員会」の承認を受けた臨床研究を実施しています。

臨床研究の中で、研究対象者に対して侵襲(採血などを行うこと)および介入(研究者が治療法や予防法に干渉すること)を行わず、診療情報等(カルテ等)を取得して行う臨床研究において、説明・同意を得ることが困難な場合は、情報の利用目的および利用方法等を研究対象者へ公開し、研究が実施されることについて研究対象者が拒否できる機会を保障することが必要とされています(このことを「オプトアウト」といいます)。

現在のオプトアウトを必要とする臨床研究