リハビリからのお知らせ

お知らせの一覧

    社会復帰サポートプログラム

    脳卒中リハビリセンターにご入院中の方を対象に、社会復帰を目指している方をサポートする専門プログラムをご用意しています。

    自動車運転再開支援

    脳卒中の後遺症などにより加療中で、社会復帰を目指してリハビリに取り組み、その中には運転再開を希望される方も多くいらっしゃいます。当院では、仕事への復帰のため、また、趣味・レジャーとして運転を再開したいといった、患者さまの「もう一度運転したい」という思いをサポートしています。

    復職支援

    脳卒中や頭部外傷などの病気になってしまったとき、集中できない、すぐ疲れてしまう、体が思うように動かない、うまく話せないなど仕事に自信がなくなってしまうことがあります。当院の脳卒中リハビリセンターにご入院の方を対象に、復職に対する患者さまやご家族の不安について一緒に考え、サポートしています。

    一次救命処置技術の習得

    リハビリ施術の際、安全に万全を期すのはもちろんですが、万が一の事態には速やかに対応できるよう取り組んでいます。リハビリスタッフは、一次救命処置における国際的な技術資格である「BLS資格」の全員取得を目指しており、資格取得後も技術の維持・向上に努めています。また、院内の救急救命委員会では年1回以上、リハビリテーション部では年6回の実技練習を行ってます。

    最新機器を活用した、効果的なリハビリの実施

    患者さまの状態を適切に評価し、お一人おひとりに合ったリハビリを提供します。

    リハビリ農園

    庭園の一部に菜園をつくり、園芸療法に利用しています。野菜の苗を植えるところから、水やり、草とり、害虫とり、収穫までを、患者さまと一緒に行います。患者さまには、畑仕事を経験された方が多くおられます。土に触れ植物を育てることで昔のことを思い出され、記憶力の向上が期待されます。また植物には精神的な癒しの効果もあり、楽しみながら身体能力を訓練することができます。

    • リハビリ農園
      土に触れることは精神面にも良い作用があるとされています。
    • 草木染め
      収穫した作物で草木染めを行ないました。

    生き活き健康教室

    生き活き健康教室

    桜十字病院では、地域の健康増進を目的として月に一度「生き活き健康教室」を開催しています。リハビリテーション部では、スタッフによる健康体操を担当しています。

    生き活き健康教室について