外来診療科目

内科

風邪や胃腸炎などの一般的な疾患、生活習慣病などの慢性疾患の継続的な検査・治療など患者さまの身体を幅広く診察いたします。

消化器外来

消化器とは、食道、胃・十二指腸、小腸、大腸、肛門、肝臓、脾臓、胆道、膵臓に分かれており、口から取り込んだ食物を分解し、栄養分を吸収しつつ不要なものを排泄する役割を持つ器官です。 特に胃や大腸はストレスの影響を受けやすいとされており、日本人病気を抱えやすい部位でもあります。 当院の消化器外来では内視鏡や大腸CT等画像診断による検査やピロリ菌の除菌治療、PEG(胃ろう)の造設・交換を行っています。お気軽にご相談ください。

呼吸器内科

神経内科

神経内科では、脳や脊髄、神経、筋肉に張り巡らされた神経の働きを診る科です。
思ったように体を動かせない、または意に反して勝手に体が動いてしまう、めまいやふらつきがある、頭痛がする等、その症状は全身にわたり、全身の状態から病気を診断します。

脳神経外科

めまいや痺れ、頭痛などの診断や頭部を打ったときの検査等を行っています。また、急性期治療を終えられた患者さまの定期受診をフォローしています。

緩和外来

悪性腫瘍の患者さまの疼痛コントロール等、ご相談を承っています。

二次健診

当院では、CTやMRI、マンモグラフィー等を備え、画像診断を伴う各検査を実施しております。また、健康診断や人間ドックで「要精密検査」とされた方に二次健診を実施しています。

小児科

子どもさんは急に体調不良を起こしやすく、また病気の進行も早いものです。子どもさんの具合が悪くなったら、まずは小児科にご相談ください。0歳児からの予防接種や、発達相談、小児リハビリも行っています。

リウマチ膠原病内科

リウマチ膠原病は正確に診断し、適切に治療すれば、症状は改善され、日常生活を維持できます。気になる症状がある方や症状が改善されない方は一度専門的な診察や検査をお勧めします。紹介状がなくとも問題ありません。安心して受診してください。

予防接種

自費・公費の予防接種や海外渡航される方の予防接種を承っています。

このページの先頭に戻る

shareマーク

このサイトを共有

桜十字病院をご利用中のSNSに投稿して
簡単に共有ができます。