上部消化管内視鏡検査を受ける方へ

内視鏡(ファイバースコープ、電子スコープ)で、胃や十二指腸の内部を直接観察し診断する検査です。柔らかい管を口から飲み込んで、食道から胃、十二指腸まで挿入し、先端のレンズを通して病変部を観察したり、カメラで撮影したりします。

検査前日

夕食は夜9時までに消化の良い物でお済ませ下さい。挿入時間は5~10分程度です。

検査当日

服用中のお薬がある方は、ご相談下さい。検査が終了するまで食べ物が胃の中にあると、胃の観察ができなかったり、嘔吐による肺炎などを誘発し、危険です。挿入時間は5~10分程度です。

その他の注意事項

  • のどに麻酔がかかっていますので、検査後の喫煙・飲水は1時間くらいは避けて下さい。
  • 緊張をほぐすために眠くなる注射をしますので、お車でのご来院は出来るだけ避けて下さい。
  • 検査後はお薬が醒めるまで約1~2時間くらいは院内での安静を必要とします。
  • 女性の方は、口紅・マニキュアは落として下さい。(状態観察のため)
  • 帰宅後に気分が悪くなられた方は、いつでも当院へご連絡下さい。

※重い腹痛や嘔吐、吐血、下血などの症状がみられる方はお早めにご来院ください。
※予約の取り消しは、必ず2日前までにお電話にてご連絡下さい。

このページの先頭に戻る

shareマーク

このサイトを共有

桜十字病院をご利用中のSNSに投稿して
簡単に共有ができます。