リハビリの種類(疾患別リハビリ)

疾患別リハビリテーション

心大血管疾患リハビリテーション

対象疾患

急性発症した心大血管疾患
または、その手術後
急性心筋梗塞/狭心症発作 など
慢性の心大血管疾患 慢性心不全/末梢動脈閉塞性疾患 など

リハビリ内容

心大血管疾患リハビリテーションでは、心臓リハビリテーション指導士を有するスタッフ(理学療法士・看護師)が、血圧や心電図等を確認しながら実施します。

  • 運動療法有酸素運動(歩行、自転車エルゴメーター)/レジスタンストレーニング(重り、ゴムバンド)
  • 日常生活動作練習起居動作/歩行/車椅子移乗/トイレ動作
  • 食事療法
  • 服薬指導
  • 急性期病院、かかりつけ医、地域老健施設と連携した患者さまの生活相談 など

施設基準

心大血管疾患リハビリテーション料(Ⅰ)

脳血管疾患リハビリテーション

対象疾患

急性発症した脳血管疾患
または、その手術後
脳梗塞/脳出血/くも膜下出血 など
急性発症した中枢神経疾患
または、その手術後
脳腫瘍/脳膿瘍/脊髄損傷/脊髄腫瘍 など
神経疾患 多発性神経炎/多発性硬化症/末梢神経障害 など
慢性の神経筋疾患 パーキンソン病/脊髄小脳変性症 など
高次脳機能障害 失行症/失認症/失語症/高次脳機能障害 など
聴覚・言語機能の障害 構音障害/言語発達障害 など
廃用症候群 外科手術または肺炎等の治療の安静による

リハビリ内容

  • 筋力トレーニング
  • 言語訓練
  • 摂食嚥下訓練
  • 関節可動域運動
  • 神経筋促進運動
  • 日常生活動作練習
  • 有酸素運動(歩行、自転車エルゴメーター)/レジスタンストレーニング(重り、ゴムバンド)
  • 物理療法 など

施設基準

脳血管疾患リハビリテーション料(Ⅰ)

運動器リハビリテーション

対象疾患

急性発症した運動器疾患
または、その手術後
四肢・体幹の骨折など
慢性の運動器疾患 関節の変性疾患
関節の炎症性疾患 など

リハビリ内容

  • 筋力トレーニング
  • 関節可動域運動
  • 物理療法(温熱・寒冷療法)
  • 日常生活動作練習起居動作/歩行/車椅子移乗/トイレ動作

施設基準

運動器リハビリテーション料(Ⅰ)

このページの先頭に戻る

shareマーク

このサイトを共有

桜十字病院をご利用中のSNSに投稿して
簡単に共有ができます。