下部消化管内視鏡検査を受ける方へ

大腸内視鏡は、皆さんの大腸を直接テレビカメラを通して観察する検査です。肛門から盲腸、時には小腸まで内視鏡を挿入します。また必要に応じて病変の一部を採取して良悪性を判断します。

食事について

2~3日前から食べてはいけない食品

種のある果実
スイカ、メロンなど
繊維の多い食品
筍、ゴボウ、蓮根、こんにゃく、海藻、トマトの皮、ゴマ、小豆、きのこ類
控えた方が良い食品
脂肪の多い食べ物、肉、天ぷらなど

検査前日の食事は下記のようなものをお食べください

朝食・昼食・間食
お粥、食パン、素うどん、豆腐、白身魚、ビスケット、ゼリー、具のないスープ
夕食(午後5時まで)
お粥、食パン、素うどん(昼の量の半分)、具のないスープ、プリン、重湯、片栗粉、くず粉、あめ玉、紅茶、ジュース
  • 処方された粉薬を2Lの水に溶かしてそのうち1Lを、午後6時から30分~1時間かけて飲んでください。
  • 同時に下剤を2錠服用してください。
  • 特別食もご用意しております。(有料1,500円)

検査当日は絶食です

  • 前日に溶かしたお薬(残り1L)を指定された時間から30分~1時間かけて飲んでください。(遠方の方は当院の前処置室で飲むことも可能です。)
  • 朝は、水、白湯、薄いお茶、紅茶は飲んでも構いません。
  • 高血圧・心臓病の薬を服用されている方は、通常通り服用してください。
  • その他の薬で分からない時はご相談ください。

その他の注意事項

  • 緊張をほぐすために眠くなる注射をしますので、お車でのご来院は出来るだけ避けてください。
  • 尚、検査後はお薬が醒めるまで約1~2時間くらいは院内での安静を必要とします。
  • 緑内障・前立腺肥大・心臓病・腎臓病の方は検査前にお申し出ください。
  • 予約の取り消しは、必ず2日前までにお電話にてご連絡ください。
  • 検査の前に一度ご来院ください。

このページの先頭に戻る

shareマーク

このサイトを共有

桜十字病院をご利用中のSNSに投稿して
簡単に共有ができます。