リウマチ膠原病内科について

医師紹介

リウマチ膠原病内科医長 中村 正

リウマチ膠原病内科医長中村 正

専門領域・資格等
  • 熊本大学医学部医学科臨床教授
  • 日本内科学会認定内科医
  • 日本リウマチ学会専門医・指導医
  • 日本血液学会専門医・指導医
  • 米国リウマチ学会国際メンバー
  • 日本リウマチ学会評議員
  • 日本臨床リウマチ学会理事・評議員
  • 日本炎症再生医学会評議員
  • 厚生労働省アミロイドーシス調査研究班
  • 身体障がい者福祉法指定医
  • 難病指定医
  • Best Doctors in Japan

診療科の特徴

当科では、全身性の自己免疫疾患であるリウマチ性疾患の診療を行っています。リウマチ膠原病は、下記の「主な診療領域」に示した疾患の集まりで、リウマチ膠原病という診断名はありません。また、消化器や呼吸器のような特定の臓器疾患とは異なり、全身性の疾患です。リウマチ膠原病の原因の多くは、免疫システムの異常に基づくものです。この異常が、全身で、特に結合組織を中心に起こることを特徴としています。症状としては、発熱、関節痛、関節のこわばり、手指の腫脹、全身倦怠感、レイノー現象、口腔乾燥など様々な症状がみられます。リウマチ膠原病は正確に診断し、適切に早期に治療すれば、症状は改善され、日常生活を維持できます。

このページの先頭に戻る

shareマーク

このサイトを共有

桜十字病院をご利用中のSNSに投稿して
簡単に共有ができます。