倫理綱領

私たちは人格の陶冶に努め、社会正義を重んじ、より良い医療を追求する組織を目指し、医療を通じて、日本が生きがいのある健全な社会になるよう医療人として実行すべき規範を定めます。

  1. 私たちは知識と技術の習得に励み、温かな心をもって医療の質の向上に努めます。
  2. 私たちは患者の権利と自律性を尊重し、患者の視点に立った医療を行います。また権利には義務が伴うこと並びに医療の不確実性について患者に理解を求めます。
  3. 私たちは診療情報を適正に記録・管理し、開示請求には原則として応じます。
  4. 私たちは地域の医療・保健・介護・福祉を包括的に推進するとともに、関係諸機関・施設等との連携・協力関係を構築します。
  5. 私たちは人の自然な死に思いをいたし、緩和医療を推進し、誰もが受容しうる看取りのあり方を求めます。

~ 上記、日本病院会の倫理綱領をもって桜十字病院の倫理綱領とします。 ~

職業倫理の方針

桜十字病院すべての職員が、病院の理念および基本方針に基づき、その職責の重大性を認識のうえ、熱意と誇りをもって使命を果たすことにより、桜十字に関わるすべての人の幸せに奉仕することを目的として、この職業倫理に関する方針を定めます。

  1. 私たちは、第二の家族として患者さまに寄り添い、「自分の家族ならどうするか」を基軸に考え行動するとともに、その生命への深い畏敬と人生に対する責務に自らを律し、崇高な倫理観をもって、医療人としての品位・人格・教養を高め、自身の資質の向上に努めます。
  2. 私たちは、患者さまにとって最善の益に帰するよう、生涯学習の精神で医療知識の修得と技術の向上に励み、より安心で、より安全で、より安楽な、質の高い医療の提供を目指すとともに、その進歩・発展に寄与します。 
  3. 私たちは、医療の透明性と患者さまとの信頼関係を確保するため、必要な記録を適正に管理するとともに、職務上知り得た個人情報を厳格に取り扱い、個人情報の漏洩を防止します。
  4. 私たちは、同じ医療に従事する者として敬意と信頼をもって互いの専門性を尊重するとともに、組織横断的で闊達なる協力関係の風土を醸成し、専門多職種が包括的チームとして一枚岩になることで、患者さま中心の全人的医療を実現します。
  5. 私たちは、地域包括ケア時代における役割として、院内外の垣根を超えて関連諸機関と協力し、地域住民の健康と地域自体の価値の底上げに尽くすとともに、WHOによる健康の定義に基づき、身体的・精神的・社会的、これら3つの側面から医療に取り組み、健やかで幸せに満ちた生きがいのある社会づくりを目指します。

臨床倫理の方針

当院では、患者さまの尊厳および人権を尊重し、患者さまの命と健康のために、次のような臨床倫理の方針を定め、道徳的責務を重んじた倫理的実践を行います。

  1. 私たちは、患者さまお一人おひとりの 「生命・尊厳・人格」 を尊重します。
  2. 私たちは、いかなる差別もない公平な医療を提供します。
  3. 私たちは、生命倫理におけるガイドラインや関係法令を遵守するとともに、生涯学習の精神で優れた技術や知識を習得し、安心・安全で良質な医療を保証します。
  4. 私たちは、分かりやすい言葉と丁寧な口調で患者さまとのコミュニケーションに努め、理解と納得が得られるまで説明するとともに、患者さまとの良好なパートナーシップを築きます。
  5. 私たちは、患者さまにとって最善の治療を選択していただけるよう、自己決定を尊重し、セカンドオピニオンの機会を保障します。
  6. 私たちは、診療情報を適正に記録・管理し、原則としてその開示請求に応じます。
  7. 私たちは、患者さまのプライバシーを尊重し、職務上の守秘義務を遵守します。

このページの先頭に戻る

shareマーク

このサイトを共有

桜十字病院をご利用中のSNSに投稿して
簡単に共有ができます。