小児リハビリテーション

桜十字の小児リハビリテーション

ご家庭での生活の中にも、リハビリの要素はたくさん含まれています。そのようなご家庭での取り組みに向けて、保護者の方へのアドバイスにも力を入れています。
また、お子さまの発達に心配のある方のご相談も受け付けております。

次のような疾患、またはおそれのあるお子様にご利用いただけます。

  • 脳性麻痺
  • 言語発達遅滞
  • 脳外傷後後遺症
  • ダウン症
  • 嚥下障害
  • てんかん
  • 染色体異常症
  • 運動発達遅滞
  • 筋ジストロフィー症
  • 精神運動発達遅滞
  • 脳血管障害
  • その他

※ご見学をご希望の方は、学校・幼稚園・保育園の先生と同意の上、事前にお問い合わせください。

医師紹介

  • 副院長 池田信二
    副院長 池田信二
    小児外科
    協力体制を築き、目標やプランをしっかり立てて頑張りましょう。
  • 小児科医長 入部兼繁
    小児科医長 入部兼繁
    小児科
    健康状態を見ながら最適なリハビリを心がけております。

リハビリの種類

  • 理学療法

    運動をメインに体の使い方を訓練します。寝返り・四つ這い・座位保持・立位・歩行などの練習やアドバイスを通してお子さまの成長をサポートし、さまざまな姿勢や運動を経験することで日常生活動作のレベルアップを図ります。

  • 作業療法

    さまざまな感覚刺激や活動を通して、体や心の発達や行動の調整、感覚や認知の発達へとつなげて行きます。また、日常での遊び方・周りとの関わり方・食事・着替えのしかたなどの訓練を行ないます。

  • 言語聴覚療法

    コミュニケーションをメインとした訓練を行ないます。言葉や身振りなど、コミュニケーションの発達や成長を促し、社会や家庭で生活しやすいよう訓練します。また、飲み込みに障害のあるお子さまに対する訓練やアドバイスも行ないます。

  • 集団療育

    集団の中で他の子どもさんと関わり、保護者の方同士のつながりをつくるきっかけにしていただきたいと、年に一度、楽しい行事にちなんだ集団療育を行っています。子ども同士が遊ぶなかで、興味や探究心、意欲が刺激されたり、関わり方などを学ぶ場ともなっています。

  • セミナー

    保護者の方からよく質問をいただくことや、お伝えしたいことをテーマとして、不定期にセミナーを開催しています。保護者の方と一緒に考え、勉強しする貴重な機会となっています。

ご利用の流れ

1お問い合わせ

初めてお問い合わせをされる方(保健所・他院から紹介を受けた方、ご相談やお問い合わせのある方)は、まずはお電話にてお問い合わせください。
TEL:096-378-1111 (代)小児科
※「初めての発達相談/小児リハビリについて」とお申し付けください。

2初回問診

医師が現在の状況や気になっていることなど詳しく伺います。

3リハビリ計画

初回の問診に基づき、目標を立ててリハビリ計画をつくります。

4リハビリスタート!

医師の診察後、訓練を行ないます。
※内容によってはすぐに開始できない場合がございます。

このページの先頭に戻る

shareマーク

このサイトを共有

桜十字病院をご利用中のSNSに投稿して
簡単に共有ができます。