緩和ケアを活用する

患者さまに合った緩和ケアを。

緩和ケアは、悪性腫瘍になったその日から受けることができるため、患者さまに合わせたさまざまなケアが行われています。
患者さまが望むライフスタイルと「つらさ」の頻度や度合いとの兼ね合いなどから、患者さまに合ったケアを選ぶことで、より「自分らしい」過ごし方ができるのではないでしょうか。ここでは、さまざまなケースをご紹介していきます。こころやからだの「つらさ」に変化を感じたら、緩和ケア担当の医師やソーシャルワーカーにご相談ください。

緩和ケアのご相談は

地域医療連携室

096-378-1120

このページの先頭に戻る

shareマーク

このサイトを共有

桜十字病院をご利用中のSNSに投稿して
簡単に共有ができます。