回復期リハビリテーション病棟

回復期リハビリテーション病棟とは

回復期リハビリテーション病棟は、急性期後の患者さまの日常生活動作能力(ADL)を、集中的なリハビリテーションを行い回復・向上させることによって、寝たきりの防止や早期の在宅復帰を目的とする病棟です。
各専門職が集まってプログラムを作成し、それに基づいて集中的にリハビリテーションを行います。
回復期リハ病棟は、その病棟の役割から、対象となる患者さまやその入院可能な期間には制限があります。

回復期リハ病棟とは

対象となる患者さま

対象となる患者さま 入院可能な期間
脳卒中(脳出血、脳梗塞、くも膜下出血など)になってから2ヶ月以内、または脳卒中に関連した手術をしてから2ヶ月以内の方。 150日以内、重症で改善の可能性がある場合は180日以内。
ふとももの骨や、背骨の骨折から2ヶ月以内の方。 90日以内
外科手術をしてから2ヶ月以内の方。
肺炎になってから2ヶ月以内の方。
90日以内
ひざなどの靱帯損傷を起こしてから1ヶ月以内の方。 60日以内

チーム医療の実践

多くの専門職がそれぞれの専門性の見地から障害の改善を図り、患者さまの寝たきり防止・社会復帰を目指します。
患者さまの障害の改善には、「身体の面」「心の面」「社会の面」などを含めた総合的な視点が必要であると考えています。

チーム医療の実践

その他の病棟

地域医療連携室

096-378-1120

このページの先頭に戻る

shareマーク

このサイトを共有

桜十字病院をご利用中のSNSに投稿して
簡単に共有ができます。